皮膚科の専門施設を探す
諦めないで。あなたにあった治療が、きっと見つかります。諦めないで。あなたにあった治療が、きっと見つかります。
]

乾癬の治療は日々進歩し、
多くの選択肢があります

乾癬は慢性の皮膚疾患で、日本では約50~60万人 1)2)の患者さんがいるとされ、近年増加傾向にあります3)
乾癬の治療法は日々進歩し、一人ひとりに合った治療を選ぶことができる時代。専門医に相談し、あなたに合った治療法を見つけましょう。

乾癬とは

免疫が過剰に働くことで
発症する、慢性皮膚疾患です

乾癬は、慢性の炎症性の皮膚の病気です。皮膚の細胞が異常に増殖することで、様々な症状が出てきます。近年は食生活の欧米化などによって増加傾向にあり 3)、約2:1の割合で男性に多いこと 4)、思春期以降、または中年以降の発症が多いことが特徴です。
また、乾癬という病名から“感染する/うつる”のではないかと誤解されることがありますが、乾癬は人から人へうつることは絶対にありません。

乾癬治療の種類

乾癬の治療法は、4種類あります

乾癬の治療法には、外用療法(塗り薬)、光線(紫外線)療法、内服療法(飲み薬)、注射療法(生物学的製剤による治療)の4種類があり、患者さんの状態に合わせて選択されます。治療は納得した上で受けることが重要であるため、患者さんの症状や治療目標などについて、主治医とよく話し合いましょう。

外用療法外用療法

外用療法

光線療法光線療法

光線療法

内服療法内服療法

内服療法

注射療法注射療法

注射療法

乾癬と類似した病気もあるので、自己判断で治療を始める前に医師によく相談しましょう。

外用療法(塗り薬)

多くの患者さんは、まず「外用療法」から治療を始めます。これは皮疹に直接薬を塗って症状を改善するもので、以下のような薬が用いられます。それぞれ、軟膏、クリーム、ローションなどの種類があり、塗る部位に適したものを選びます。

光線(紫外線)療法

紫外線のもつ、「免疫の過剰な働きを抑制する力」を利用し、身体に害を与えにくい紫外線を皮疹にあて、症状の改善をうながす治療方法です。外用療法で効果がみられない場合や、皮疹の範囲が広くて薬を塗るのが大変な場合などに行われます。

内服療法(飲み薬)

皮疹が広範囲に広がっていたり、背中など塗り薬を使いにくい場所にできた場合などは、飲み薬が使われることがあります。単独でこの治療を行うこともありますが、多くは「外用療法」や、ときには「光線療法」と同時に行われます。

注射療法(生物学的製剤による治療)

「生物学的製剤」は、光線療法や内服療法で、皮膚や関節症状の改善が十分みられない場合に使用します。現在、乾癬に対して、日本で用いることのできる生物学的製剤は数種類あり、より患者さんの状態やライフスタイルにあった薬剤を選択できるようになりました。

高額療養費制度について

「高額療養費制度」を
知っていますか?
一部の医療費が返還される
かもしれません

乾癬の治療における
医療費助成制度について

治療でかかった費用に保険が適用されることで支払う金額は一部となりますが、治療の種類によっては高額になる場合があります。そのようなときに利用できるのが、医療費助成制度です。利用できる医療費助成制度のうち、“医療費の負担が軽減される制度”は、2種類あります。

高額療養費制度

長期間入院したり、高額な治療を受けたりすると、医療費の負担が高額になる場合があります。そのような場合に、家計の負担を軽減させる措置として、一定の額(自己負担限度額)を超えた分の医療費が返還される「高額療養費制度」があります。ご自身の該当区分や申請方法などの詳細については、加入している医療保険の窓口にお問い合わせください。

※本項では、公的な医療保険(国民健康保険〈国保〉、健康保険組合〈健保〉、後期高齢者医療制度など)を、「医療保険」とします。

医療費の負担が軽減される制度を
利用した場合の支払いイメージ

医療費の負担が軽減される制度を利用した場合の支払いイメージ医療費の負担が軽減される制度を利用した場合の支払いイメージ

自己負担限度額

医療費が高額になった場合に、負担が大きくなりすぎないよう設定された上限額。年齢、所得、1ヵ月の医療費により異なります。下記の図をご参照ください。

69歳以下の方の自己負担限度額の計算

69歳以下の方の自己負担限度額の計算69歳以下の方の自己負担限度額の計算

70歳以上の方の自己負担限度額の計算

70歳以上の方の自己負担限度額の計算70歳以上の方の自己負担限度額の計算

※1 自己負担額と医療保険(保険者)の負担額を合計した医療費の総額です。医療保険(保険者)の負担額がわからない場合は、(自己負担額)÷(負担割合)で計算可能です。院外処方の薬剤費は含みますが、入院時の食事代や差額ベッド代などは含まれません。
※2 年間(前年8月〜その年の7月)の自己負担上限額は144,000円です。

限度額適用認定証

高額療養費は、後から払い戻されるため、一時的な支払いが多くなってしまうことがあります。「限度額適用認定証」を窓口に提示すると、窓口での支払いを自己負担上限額にまでおさえることができます。

多数回該当

直近の12ヵ月(※)で、高額療養費の払い戻しが3回以上ある場合、4回目から自己負担限度額がさらに引き下げられる制度です。上記の図をご参照ください。

※治療を受けた月が今年の12月の場合、前年の12月から今年の11月までの12ヵ月間です。

高額医療費貸付制度

高額療養費の払い戻しを受けるまでの約3ヵ月間、当面の医療費の支払いにあてるために無利子でお金を借りられる制度です。

付加給付制度

企業などの健康保険組合や共済組合によっては、自己負担額が一定の額を超えたときに、その超えた分を付加金として給付される「付加給付制度」がある場合があります。申請方法ついては、ご自身が加入している医療保険の窓口にお問い合わせください。

このページの内容は2018年12月時点の情報に基づいています。

乾癬ガイドブック

モデル・道端アンジェリカさんのインタビューをはじめ、乾癬の症状、治療の種類、医療費の負担を軽減できる高額療養費制度など、乾癬の基本がわかる16Pの小冊子です。ぜひご覧ください。

乾癬ガイドブック

モデル・道端アンジェリカさんのインタビューをはじめ、乾癬の症状、治療の種類、医療費の負担を軽減できる高額療養費制度など、乾癬の基本がわかる16Pの小冊子です。ぜひご覧ください。

参考
1) Kubota, K., et al.: BMJ. Open., 5:1, 2015. 2) 照井正 他:臨床医薬, 30:279, 2014.
3) T. Ito et al; J Dermatol. 2018 Mar;45:293-301 4) Takahashi H, et al: J Dermatol, 38:1125, 2011