総合監修:社会福祉法人聖母会聖母病院 皮膚科部長 小林 里実 先生

掌蹠膿疱症を知ろう
掌蹠膿疱症のQ&A

掌蹠膿疱症Q&A

病院に行く前に

※このサイトに示す画像および記事の無断転載を禁じます

何科に行けばいいですか?

皮膚科を受診しましょう。

皮膚科医であれば、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の診断が可能です。似ている疾患[異汗性湿疹(汗疱(かんぽう))、白癬 (はくせん)(手足の白癬)、手足の乾癬(かんせん)など]もありますので、皮膚科医による鑑別診断が必要です。

また、掌蹠膿疱症では、関節や骨に炎症が起きて、はれたり痛むことがあります(掌蹠膿疱症性骨関節炎)。胸肋鎖(きょうろくさ)関節(首の付け根あたりの関節)に起こることが多く、その他、背骨や腰の骨などに生じることも[脊椎炎、仙腸(せんちょう)関節炎、股関節炎など]、手足の関節や骨に生じる場合もあります。関節がはれたり、痛んだりといった症状がある場合も皮膚科医に伝えましょう。部位や症状によっては、整形外科医やリウマチ科医と皮膚科医が連携して治療にあたることがあります。

掌蹠膿疱症の説明

ここでは、掌蹠膿疱症とはどんな病気なのか?なぜ掌蹠膿疱症になるのか?どんな検査が行われるのか?などについてご紹介します。

もっと見る

掌蹠膿疱症の治療法

近日公開予定