総合監修:社会福祉法人聖母会聖母病院 皮膚科部長 小林 里実 先生

掌蹠膿疱症を知ろう
掌蹠膿疱症のQ&A

掌蹠膿疱症Q&A

患者さんに知っておいてほしいこと

※このサイトに示す画像および記事の無断転載を禁じます

かさぶたが気になるので、はがしてもいいですか?水疱や膿疱はつぶしてもいいですか?

皮膚への刺激が症状を悪化させることがあるので、やめましょう。

手のひらや足のうらのかさぶたがガサガサしたり、皮がめくれ上がって洋服や寝具の布、髪の毛に引っかかったりと日常生活で困ることがあるかもしれません。しかし、かさぶたをはがしたり、水疱や膿疱をつぶそうとくり返しつまんだり、こすったりすることで皮膚が刺激され、症状が悪化してしまうことがあります。

かさぶたや乾燥などが気になる場合は、保湿剤をたっぷり塗り、リント布(軟膏などを塗る際に用いる布)やチューブ型の包帯、綿の手袋などで覆っておきましょう。水疱や膿疱は、かさぶたになってはがれ落ちるまで待ちましょう。

掌蹠膿疱症の説明

ここでは、掌蹠膿疱症とはどんな病気なのか?なぜ掌蹠膿疱症になるのか?どんな検査が行われるのか?などについてご紹介します。

もっと見る

掌蹠膿疱症の治療法

近日公開予定