総合監修:NTT東日本関東病院皮膚科 部長 五十嵐 敦之 先生

文字の大きさ

乾癬の治療法

乾癬の治療法は4種類あり、患者さんの状態に合わせて選択されます。治療は納得した上で受けることが重要であるため、患者さんが苦痛に感じる症状や治療目標などについて主治医とよく話し合いましょう。

乾癬治療の種類

乾癬治療法には、外用療法(塗り薬)、光線療法、内服療法(飲み薬)、注射療法の4種類があります。

■ 外用療法(塗り薬)
皮疹に直接薬を塗ることで治療効果を発揮する薬です。免疫の働きを抑えて炎症を抑える「ステロイド(副腎皮質ホルモン)外用薬」、皮膚の細胞に働きかけて異常な増殖を抑える「ビタミンD3外用薬」が用いられます。

■ 光線(紫外線)療法
皮疹に紫外線を照射して症状の改善をうながす治療です。UVA(長波長紫外線)を用いる「PUVA療法」、UVB(中波長紫外線)を用いる「UVB療法」や「ターゲット型光線療法」があり、皮疹の範囲に合わせ、紫外線を全身または部分的に照射します。
一般に光線療法は、入院で週4~5回、外来で週2~3回の頻度で行うことにより、治療効果がより高くなるといわれます。

■内服療法(飲み薬)
中等症から重症の比較的症状が重い乾癬に用いられます。飲み薬には、角質細胞の異常な増殖を抑える「ビタミンA誘導体」、免疫の過剰な働きを抑える「免疫抑制剤」、炎症を抑える「PDE4(ホスホジエステラーゼ4)阻害薬」が用いられます。

■ 注射療法(生物学的製剤による治療)
生物学的製剤は、免疫細胞の情報伝達に用いられる「サイトカイン」の働きを弱めることで炎症を抑え、皮膚の新陳代謝を調整します。日本では、2017年12月現在6つの製剤が使用可能ですが、日本皮膚科学会が承認した施設でのみ治療を開始することができます。

乾癬治療ピラミッド

乾癬の治療法の適応の広さや位置付けをあらわしたものを「乾癬治療ピラミッド」といいます。このピラミッドが示すように、治療法には、全身に対して治療を行う“全身療法”(注射療法、内服療法、光線療法の一部)と、限られた部分に対して治療を行う“局所療法”(光線療法、外用療法)に分けられます。各治療法の解説は、「説明を見る」をクリックしてご覧ください。

乾癬治療ピラミッド

注射療法

詳細を見る

内服療法(飲み薬)

詳細を見る

光線(紫外線)療法

詳細を見る

外用療法(塗り薬)

詳細を見る

ピラミッドの見方や各治療法の位置づけ・特徴については動画で分かりやすく解説していますのでご覧ください。


乾癬治療法の選び方

乾癬の症状や重症度(「重症度判定について」の項参照)、症状が日常生活に及ぼす影響(生活の質:QOL)、患者さんの状況(年齢や仕事、通院状況など)と、各治療の効果や安全性などを考慮し、最も適している治療法が選択されます。

治療法を選択する上では、患者さんの治療に対する希望、目標も重要になります。納得した上で適切な治療を受けるためにも、日常生活での悩みや疑問はもちろん、「腕の皮疹をなくして半そでが着たい」など、治療に求めることも医師に伝えましょう。


乾癬治療法の選び方

乾癬は治る?

乾癬は皮疹が繰り返し出てくる病気であり、根本的な治療法はまだ見つかっていません。しかし、最近では治療法が進歩したこともあり、皮疹がほとんどない状態を長く維持している患者さんも少なくありません。

症状が良くなっている状態を長く維持するには、根気よく治療を続けることが重要になります。また、どういうときに症状が悪化するのかを把握し、生活習慣を見直すことも大切です。


乾癬は治る?