総合監修:NTT東日本関東病院皮膚科 部長 五十嵐 敦之 先生

文字の大きさ

乾癬Q&A

症状だけでなく生活スタイルなども伝えましょう

治療方法は、症状だけではなく、患者さんの生活スタイルや、乾癬が患者さんのQOL(生活の質)にどれだけ影響を与えているのかなど、総合的に検討したうえで選択されます。そのため、患者さんが普段どんな生活を送っていて、治療においてどんなことに困っているのかを医師に伝えることは、より患者さんに合った治療を選択するうえで、医師にとっても非常に重要な情報になります。

伝えたいことはあらかじめ準備しておきましょう

医師に相談したいことや質問したいことがあっても、思い出すのに時間がかかったり、忘れてしまったりして、伝えきれない経験をされたことがあると思います。診療を効率よくすすめるために、症状が原因で困っていること、治療について知りたいことなどをあらかじめ箇条書きにするなどして、メモを準備しておきましょう。「乾癬による影響チェック」の結果もご活用ください。


遠藤 幸紀 先生(岩手医科大学附属病院 皮膚科)からのコメント

治療だけではなく、普段の生活上において気を付けるべきことなど、適切にお話しするよう心がけています。遠慮せずに医師に尋ねてみましょう。