総合監修:NTT東日本関東病院皮膚科 部長 五十嵐 敦之 先生

文字の大きさ

乾癬Q&A

バランスのとれた食事を心がけましょう

近年、乾癬が増加している原因の1つとして、食習慣の欧米化(高カロリー食)による肥満やメタボリックシンドロームとの関連が考えられています。厳しい食事制限は必要ありませんが、カロリーの高い肉類や脂肪は避けて野菜を増やすなど、バランスの良い食事を心がけましょう。また、香辛料や刺激物、お酒などは痒みを増すことがあり、乾癬の悪化につながるといわれています。できれば控えましょう。

■ 肉よりや魚を選ぶ
青魚には、炎症を抑える働きがあるドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)が多く含まれています。

■ かゆみがある方は、刺激物や熱いものは避ける
香辛料などの刺激物や熱いスープなど、身体が温まる食べ物はかゆみを増すことがあるため、かゆみがある方は注意が必要です。

■ お酒はなるべく控えましょう
お酒を飲むとかゆみが増すことがあり、また、飲み薬の効果に影響を及ぼす可能性もあるため、注意しましょう。

参考 季節のレシピ

衣服は、身体をしめつけず柔らかい素材でできたものを選びましょう

乾癬では、皮疹のない部位に刺激が加わると、そこに新たな皮疹が生じることがあります。これは「ケブネル現象」と呼ばれ、掻き傷や切り傷のほか、髭剃り、虫さされ、靴ずれ、メガネや衣服で肌がこすれることでも起こります。
衣服は、身体をしめつけないゆったりとしたものが望ましいです。特に、皮膚に直接触れるものは綿素材にし、化学繊維やウール製品は避けましょう。ズボンのベルト、シャツの襟や袖口、腕時計などは、皮膚に接触して刺激を与えやすいため注意しましょう。

衣服は、身体をしめつけず柔らかい素材でできたものを選びましょう

禁煙にチャレンジしましょう

タバコに含まれる物質が、乾癬を悪化させるといわれています。また、喫煙者の方は薬の効きが悪くなるともいわれています。乾癬の治療と合わせて、禁煙にもチャレンジしましょう。

感染症を予防しましょう

風邪や扁桃腺炎(へんとうせんえん)、喉頭炎(こうとうえん)などの感染症にかかると、乾癬の症状が悪化することがあります。こまめに手洗い・うがいを行い、予防を心がけましょう。もしかかってしまったら無理をせず、休養をとることも大切です。


多田 弥生 先生(帝京大学医学部附属病院 皮膚科 教授)からのコメント

食事や喫煙など、基本的な生活習慣を見直しましょう。例えば、脂肪肝の方ではお酒を控えていただくこともあるかもしれません。心配なことや分からないことがあれば、医師に相談してください。